5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百一回 例会
《 句 報 》
<発行人>
桂 米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
<お問い合わせ>
ドガチャガメール


宿題「祝う」>>>>>>>>>>竹森 雀舎 選
秀 句
祝うてる大阪締めも酔い始め ゆみこ
選者評
祝うてる中に、ほのぼのとしたあたたかな味が感じられます。大阪らしい雰囲気も良いと思います。

互選トップ
ライバルが黙ってついだ祝い酒
上位
祝開店客の数より多い花
ろうそくに肺活量が追いつかん
出来るだけ早うお帰り祝い金
お呪いと書いて手渡す恋敵
祝日の意味が分からぬ月曜日
食い詰めたまた襲名で食いつなぐ
とにかくも酒が飲めるし祝うふり
百均の祝儀袋でそれなりに
居合わせた者を巻き込む祝い酒
お祝いはカネとあなたがいないこと
彌三
直美
久美子
あきら
のぶお
米輔
みかこ
智亜紀
篤信
まさし

席題「草」>>>>>>>>>>牧浦 完次 選
秀 句
キリストも草木も眠る商店街
選者評
「草木も眠る」という日本独特のフレーズの中へ、キリストを持ってくるという大胆な発想こそ、川柳に必要な要素かも知れない。

互選トップ
どれをさあ抜いてよいやらハーブ園 くまひこ
上位
みちくさもできない子にする発信機
たべたいが入歯ゆるがすよもぎ餅
丑三つも明るく草木眠れない
野の草に聞いて貰ったひとり言
草を刈るほどには実り追い付かず
雑草は隣の墓に倒しとく
草とりも込みのお布施と寺に言い
胃の中にペンペン草のはえた恋
鉢植えに根性だけは負けません
草に寝て詩人に遠い大イビキ
花咲かぬお笑い草も粋なもの
眠れない頭の中に植える草
のぶお
寿
治美
雀舎
久美子
直美
篤信
彌三
米輔
茂俊
ゆみこ
くまひこ

上記以外の入選句から
宿題の部








新婦父やはり素直に祝えない
大ホテル祝いと法事鉢合わせ
昇進の祝いに嫌味見え隠れ
ひきだしの奥ですねてる祝い箸
祝典のくらがりで海を埋め立てる
誕生日一人で祝うワンルーム
悪口を祝儀袋に詰めておく
名ばかりの祝杯よりも一人酒
《軸 吟》
車座がとても嬉しい祝い酒
恵美子
寿
のぶお
くまひこ

智亜紀
正己
弘幸

雀舎
席題の部







草むらの匂いみやげの里の盆
息吹く芽の野焼きの後のしたたかさ
雑草に溺れかけてる命の芽
女にはまめな男の草かまり
ききわけのない草ばかり育つ庭
ベランダで妻がたくらむトリカブト
《軸 吟》
寝転んだ二人に残る草いきれ
篤信
正己
久美子
雀舎

直美

完次

前出以外の芸人の句、あれ、今回は私だけか。○は入選句、○無しはボツ句。
宿題の部


孫曾孫玄孫集まる誕生日
ホールインワン祝うと遠慮無い食い気
米輔

席題の部

公園に植える抜かれるこの差なに
水やらぬベランダの鉢出た芽何
米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。

 
   閉じる