5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百二回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール




宿題「電車」>>>>>>>>>>竹森 雀舎 選
秀 句
車掌車の赤い尾灯が夜の底 あきら
選者評
最終電車の赤い尾灯が秋のロマンをかきたてる、この情景を、きれいに手際よくうつし出しています。共感を呼ぶ一句です。

互選トップ
すっぴんが電車降りたらあら化けた 市楼
同数
吊り革のサラリーマンの背が丸い
終電が出たかそれならもう1本
正己
寿
上位
終電で舟を漕いでるシンデレラ
譲ろうか譲るまいかと駅は過ぎ
一人旅幾つで孫はやって来る
最終で寝るまい吊り手しがみつく
シュウマイの温みも抱いて終電車
完次
くまひこ
久美子
のぶお
雀舎

席題「線」>>>>>>>>>>牧浦 完次 選
秀 句
とりあえず引込み線で話する まさし
選者評
引込み線から男と女、会社の同僚、お喋りな女達の会話が連想されますし、とりあえずが時間の経過を暗示して、楽しい句になりました。

互選トップ
じぐざぐの線で我が家に辿り着く 完次《軸吟》
上位
ワンルームここから書斎と線を引く
この一線越せば修羅場の男女なり
酒の技センターライン右にない
二日酔い記憶の線がつながらぬ
直線が引けぬ根性七曲り
この線を越えたらダメというケンカ    
弘幸
ゆみこ
寿

ゆみこ
智亜紀

上記以外の入選句から
宿題の部








いい大人椅子取りゲームする電車
夢を追う模型電車も定年に
ダイヤ通り来ない電車にほっとする
一日のドラマを語る終電車
銀河への寄り道切符買いに行く
鈍行で行こうと決めたこの余生
隅っこに阪神電車敵も乗せ
柿たわわ電車は秋をまっしぐら
駅に着く旅の香りのする電車
田舎駅無賃乗車の赤とんぼ
終電に今日の私を置いていく
オバちゃんが獲物見る目で電車待つ
《軸吟》
六畳間チンチン電車の音を聞く

智亜紀
フミ
貞佑

まさし

茂俊
完次
いちろう
寿
くまひこ
治美

雀舎

席題の部







脱線を待ち望んでる五時限目
路地裏に蚊取線香むせており
仕上がらんハズや折り線切っとった
金線の駅長背筋のびている
守ろうと云いつつ共に越えた線
曲線の人生だからおもしろい
天と地の境界線で欠伸する

弘幸
篤信
治美
寿
寿

正己


前出以外の芸人の句。○は入選句、○無しはボツ句。
宿題の部


汽車に乗り秘境に来ても鳴る携帯
通らないモラルとマナーが改札を

市楼


席題の部

○ ○

運動会白線消してパパラッチ
真っ直ぐに切れるハサミがあれば切る
横並びおねだりしてる新幹線

米輔





興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。