5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール



宿題「哀愁」>>>>>>>>>>竹森 雀舎 選
秀 句
哀愁は秋絶望は朝に来る        まさし
選者評
月並みでないユニークさが感じられ、共感を得た作品と思い、秀句としていただきました。

互選トップ
哀愁も賞味切れるとただ哀れ のぶお
上位
哀愁のメロディー店は閑古鳥
わが哀愁一合ほどで溶けて落ち
父さんの哀愁つまる古カバン
哀愁を誘う一本残った歯
食欲の秋哀愁はまた今度
無常知る取り残された招き猫
恋愛をしてたんかなぁこの妻と
葬送のひときわ高いクラクション

彌三
雅明


みかこ
篤信
直美
雀舎<軸吟>

宿題、上記以外の入選句から
哀愁よ此処へおいでと屋台の灯
夕焼けへセンチになっている二人
哀愁が背中に宿る好い男
ボランティア去って棚田に母と星
男の背悲しい色を隠せない
ほろほろと酒胸のうち流しこむ
雅明
完次
ゆみこ
篤信
正己
くまひこ

今月は、昨年に続いて「治兵衛 道頓堀店」での忘年句会。席題は、恒例の「割句」です。
お酒に酩酊、目は回るが、頭は回らぬ米輔でした。


>>【一回戦…上五、中七をいただいて、下五でまとめます】
>>牧浦 完次 選
秀 句
ボールペンまあるいけれど字は四角 歌々志
選者評
先のまるいボールペンで丸い字は勿論、四角や三角の字も書ける。字は人を表すまで言われています。割句と言う制約の中、短い時間でまとめられたのは見事と言う外はない。

入選句
クリスマスゆうべの秘密星ひとつ
せつないわ女の胸に穴があく
へそのゴマやけぼっくいは妻の顔
明日はない息を殺して朝帰り
弁慶も森の小人が師匠かも
食べ過ぎののうてんふぁいらわたしかな
あつめてるストッキングでプレゼント
阿呆馬鹿め馬鹿な男が真面目なの
良いここちクリスマス前離縁状
美少年中七文字で表せぬ
花束とハズレの時はぜひ嫁に
海の中おいしそうだな蛸の足

くまひこ

彌三
昭二
弘幸
しずこ
のぶお
まさし
直美
美恵
正己
完次<軸吟>

>>【二回戦…上五、下五をいただいて、中七でまとめました】
>>竹森 雀舎 選
秀 句
久しぶり妻の笑顔が歯にしみる 直美
選者評
即興の五・七・五にしては、大変まとまった句が出来ました。特に「妻の笑顔が歯にしみる」という表現が良かったと思います。

入選句
歌之助襲名勝負パンツはく
歌之助歌々志にまかせて良しとする
酔いつぶれ商談つぶしてわやですわ
もう酔うたヒレ酒きついマッカーサー
冬が来たラジオ体操誰も来ず
鹿の角骨までしゃぶるレオナルド
ひれ酒が哀しみ誘う腕を組む
明日は来ぬ昨日も忘れ上機嫌
ふくらはぎはれて富士山初日の出
離婚する不倫男の言いのがれ
ドライブでやっとつかんだ焼芋か

米輔
絢子
弘幸
しずこ
市楼
くまひこ
ゆみこ
治美
彌三
あきら
雀舎<軸吟>

    
三代目桂歌之助襲名を控えて、挨拶がてら飛び入り参加の桂歌々志さんが、割句一回戦の秀句を持って行きました。その関係で二回戦の出題に「歌之助」が、いくつか出て来たようです。歌之助と言えば「二匹目のどぜう」の先代会長の名前。こらぜひとも、新歌之助さんも「どぜう」に取り込まねば。

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。