5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
 
第七十九回例会 句報
     
宿 題
「噛む」
竹森 雀舎 選
秀 句
吊革を二つ掴んで酔いざまし   寿
選者評
一杯飲んで電車に乗っている人の姿を、よく見かけます。気持ちよく揺られながら、二つの吊革につかまっての酔いざまし。難しいことを言っているのではなく、平凡な中に何とも言えぬ味のある句だと、感心しました。

互選トップ
一声で心を掴むたたき売り    泰
 同数
  掴まれた尻尾を切っていく上司  美恵
掴まえた女房に金を掴まれる   寒山

席 題
「調子」
牧浦 完次 選
秀 句
ハンカチの白さよ妻は本調子   雀舎
選者評
奥さんの調子というか機嫌を測る尺度が色々ある中で、真白なハンカチを渡された朝の幸せな気持ちがよく出ています。

互選トップ
おだてたらパパは洗濯掃除する  薫
   
他の入選句から、私好みでいくつか。

「噛む」
利き腕を妻に掴まれ五十年
豊満なお腹の肉をわしづかみ
エルメスで私の心掴めるヮ
オレオレに老後の腕を掴まれる
キャッチボール元気掴んで投げ返す
だまされるコツをつかんで殻破る
幸運を掴む十指をあたためる

完次
治美
景太



雀舎

「調子」
上役と調子合わせる酒の席
譲り継ぐ親代々の調子者
いちびりを調子にのせた尻拭い
いい調子明日もつづけこの調子
水だけで酔える調子の良い男
調子いいことばかり言う二枚舌
すき焼きの肉へほいほい箸伸ばす


彌三
正己
寿
吉宗
雀舎
智亜紀
完次


では噺家の部

宿題の部
「噛む」
   客の気を掴み損ねてまだ2分
○欲ばらぬ金幸せもひと掴み
 カス掴み次の次こそ又もカス
 掴まねばとまってくれぬ青い鳥
 格安に見栄投げ捨てて掴み取り
○仕方なく掴んだカスが残り福


染語樓


米輔



席題の部
「調子」
○一調子上がるバーゲン最終日
 本調子振ればヒットで世界新
○チューニング期待ふくらむ幕ゆれる

米輔
来月はがんばるぞ!(こればっかりやがな)

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。

 閉じる