5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
  
発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第八十三回例会 句報
     
宿題「置く」
竹森 雀舎 選
秀 句
物置に100人乗ってそれがなに くまひこ
選者評
テレビのコマーシャルで100人乗っても大丈夫というのがありますが、それがどうしたんだという句ですね。変わった見つけで、ニヒルに感じられた一句だと思いました。

互選トップ
思いやりずっと昔に置き忘れ 吉宗
同数
置き物と思った猫が伸びをする 米二
同数
オレオレと亭主の声に受話器置く 寒山
上位
ブランドも一年経って置き傘に
もういいかい置いてきぼりの鬼が呼ぶ
青春を使わずじまい置き忘れ
嫁に行く実家に嘘と過去置いて
問題は風化するまで置いておく
久美子

景太
正己
あきら
入選句から
思い出が切ない恋の置き土産
置き場所を変えてもつきは変わらない
お銚子を置いたところで画鋲踏む
死ぬときは恥と外聞置いて行く
神棚に夢を託して置いたくじ
お賽銭うんと言うまで縁に置く
美恵
完次

まさし
彌三
直美
軸吟
どこに置く考えもなく鬼の面 雀舎

席題「杖」
牧浦 完次 選

秀 句
人通り無いとつまらぬ松葉杖 直美
選者評
みっともない姿でも「どうしたんですか」と声を掛けて欲しいというつまらぬ見栄を、松葉杖に託した心理描写が素晴らしい。

互選トップ 五十年叱言の多い杖である 完次
上位
おばちゃんは口に仕込んだ杖で切る
杖の音札所を巡る友にして
杖いらん背筋をしゃんとする白寿
杖いらんやろ立ち廻りする御老公
杖もまたなにかにもたれ立っている
松葉杖なれてきた頃きずが癒え
まさし
正己
楽生
米輔
くまひこ
寿
入選句から
完治して杖もいらぬと母米寿
おやじ狩りに備えて買ったしこみ杖
雑踏の広さに迷う白い杖
人生の杖となるよな本と会う
頬杖の前をゴロゴロ達磨さん
何すんねんそれ物干しや座頭市
怪我三度ようやくなれた松葉杖
久美子
寒山
雀舎



くまひこ

◇ 上記以外の芸人の句落語家の句です。○は入選句、○無しは没句。
宿題の部 売れないがこだわりの品置いてある
売れなくて去年の品が置いてある
米二
置いた筈なのにメガネがデコにある
干支の酉テレビの上で十二才
○好物を置いておく僕食べる妻
南海
○枕元動かぬ時計置いてある
離婚して置いて来た子あれスパイ
プラズマと入れ替えワシの居場所無し
染語樓
○ビルの上思いを残し靴を置く
珍味やねぇ一口食べて箸を置く
金持ちの家を選んで赤子置く
たま
○置いてあるおやつに微笑む首の鍵
温泉にでも行くつもりで置く指輪
染二
質に置くイヤ蔵がわりに入れるだけ
おばはんは人より荷物座らせる
○投げてません置いたらちょっと跳ねただけ
米輔
席題の部 ○杖持つと皆席かわってくれますね
○ハイテクの武器を仙人杖にして
米輔
棺おけに祖父の形見の杖を置く
○座頭市杖に麻薬も仕込んでた

ええ丈の木という字です漢字杖
たま
○ファションで持つと言うなら背を伸ばせ
スキー場リフト乗り場に松葉杖
ホームズも持っていたとは負けおしみ
米二

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。

閉じる