5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
  

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第九十八回例会 句報
宿題 「吉」 竹森 雀舎 選
秀 句 吉報を心に沈め美酒を酌む 完次
選者評 吉報をひそかにあたためながら、ひとり美酒を飲む姿がありありと見えます。リズムも良く、さすがに良く練られた佳句として、秀吟にいただきました。
互選トップ
末吉の末はあの世じゃないだろな 南海
上位
吉相のご注文です美容外科
曲り角きょう一日はまだ生きる
笹はタダ吉は別途でご相談
みつゆびで気弱な吉がお出迎え
事務的にバイトの巫女がくれた吉
吉の字の棒の長さにこだわりが
吉を引く金運だけは無いらしい
ささやかな喜びそれを吉とする
持ち前の勝負強さで吉にする
どこ行こか足が向いたらみな吉方

直美

あきら
彌三
南海
くまひこ
正己
智亜紀
美恵
美加子


席題「都合」
牧浦 完次 選
秀 句
部長席白いカラスがすましてる 直美
選者評
都合主義の人物を「白いカラス」と揶揄したところに、この句の凄さがある。
互選トップ
寄り道に都合いいからパートする 恵美子
上位 都合よく証拠に出会う名探偵
やんわりとのらりくらりと言う都合
都合聞く前に用件言うてくれ
求人に合わせて干支も憶えます
ネット自殺なかなかみんな日が合わず
飲めるかな財布に都合きいてみる
都合など聞いてないのにしゃべりだす
事に依りすぐ腹痛になる身体
自己都合本音はお前イヤヤから


米輔
彌三
治美
あきら
あきら

くまひこ
寿
のぶお


上記以外の入選句から
宿題の部
耳痛い意見の方に吉が有り
さまざまの吉報さまざまの墓標
占いに吉と出たのにこの程度
吉凶がでんぐり返しべろをだす
吉報は万年床でじっと待つ
吉凶の紙一枚に惑わされ
顔のしわ消えたとはしゃぐ夢の中
相性は吉と信じている夫婦

景太
篤信

まさし
久美子
恵美子
美加子
雀舎
(軸吟)

席題の部
大人なら都合はつくものつけるもの
人間の都合で森が消えてゆく
カレンダー妻の都合が目白押し
都合などあなたしだいと甘い声
明日結納金の都合がつかぬまま
言い訳に都合の山が盛りきれず
何らかの都合女がまだ来ない


弘幸
雀舎

まさし
正己
彌三
完次
(軸吟)


前出以外の芸人の句 ○は入選句、○無しはボツ句。
宿題の部





吉を引いたその晩風邪引いた
おみくじで大吉よりも吉好む
携帯を片手に吉報待っている
いつの日もグッドラックと家を出る


南海
市楼



席題の部





懐に合わし付き合い世捨て人
株主の都合ごり押しするファンド
お誘いを都合つけばと肩すかし
先輩よ俺の都合も聞いてくれ
我が都合悪い時だけ鳴る電話


米輔

市楼




興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。

 閉じる