5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
  

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第九十九回例会 句報
宿題 「怒る」 竹森 雀舎 選
秀 句 笑顔だが指が微妙に怒ってる
選者評 人間の細かい心理をついた佳吟だと思います。指が微妙に怒ってるという表現が良かったと思います。
互選トップ
笑顔だが指が微妙に怒ってる
同数 怒られる限度ぎりぎりするわるさ 寿
同数 ポケットの中の右手はグーのまま 智亜紀
同数 怒らない約束で見た通知表 のぶお
上位
大声で怒る姿はママ譲り
玄関で妻の靴まで怒ってる
女房は怒るたんびに肥えていく


美恵
茂俊
正己

席題「巣」
牧浦 完次 選
秀 句
タコツボヘ日本チャチャチャ引きこもる
選者評
サッカーのサポーターの手拍子を八本の手にたとえ、敗戦にしゅんとした姿を見事に捉えて、タコツボに引きこもるとは愉快な表現です。
互選トップ
家の中ひとりひとりが巣をつくる のぶお
上位 本みかんリモコンこたつ巣を作る
巣立っても世話を焼くのを止めぬ母
愛の巣と見えてはいるが修羅場です
愛の巣の半分以上まだローン
巣立たない子供を他所の巣に放置
巣作りが下手で我が家が見つからぬ
まだ巣立ち出来ぬ二階をもて余す

あきら
恵美子
恵美子
完次
あきら
直美
完次


上記以外の入選句から
宿題の部
わたくしの妻は怒らず手が出ます
怒ること忘れてしもうた日本人
腹の虫なだめなだめて切るケーキ
怒ってる内は死なへん大丈夫
ちはやふる神の怒りはきまぐれで
怒っても笑ろても同じ顔になる
怒っても目が笑ってる孫の守り
怒られた記憶は僕の羅針盤
まだ怒る元気があった父の背な

まさし
いちろう
完次
あきら
くまひこ
久美子
絢子
弘幸
雀舎
(軸吟)

席題の部
欲の巣がうごめき育つ森ヒルズ
古巣から帰って来いというメール
いい巣穴見つけて夢を膨らます
蟻の巣は耐震偽装ありません
どないしょうローン半ばで矢が折れた
巣づくりの苦労を鳥に教えられ
巣の中でどちらかが寝るすれ違い


まさし
雀舎
雀舎
彌三
正己
恵美子
完次
(軸吟)


前出以外の芸人の句 ○は入選句、○無しはボツ句。
宿題の部





怒るたび袋縫う針くれる妻
角曲がり見えなくなって怒る僕
ふくれっ面両のほべたを指で突く
金儲け悪ですかとはどの口で

核家族しつけ知らない親でいる
民営化気分はいまだお役人

南海


米輔




席題の部



帰巣性妻の手のひら五十年
ハンガーも巣づくり使うカラスども
立ち呑み屋ウサを晴らしに今宵また

米輔




興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。いつでもお待ちしています。連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。

 閉じる