5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百十一回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール



宿題「旅」 <竹森 雀舎 選>
秀 句
地球儀を回し息子の旅を追う
選者評
世界各国の距離が近くなってきた様なこの頃です。地球規模での旅行も現代の姿なのかも知れません。子を思う親の気持ちがよく表現されており、佳句としていただきました。

互選トップ
激安の旅は巡るよ土産店 雅明
上位
結局は酒酒酒で旅終る
旅土産話だけでは義理立たず
旅の宿一人の月を持て余す
感無量うなぎの稚魚の長い旅
旅で書くハガキ細かい文字になる
冷蔵庫整理はかどる旅の前
何処ででも大阪弁がえばっとる
町工場ママと旅行も厚生費
旅マップ空想好きの愛読書
渋滞も君との時間長くする


正己
圭子
あきら
昭二
完次
歌之助

のぶお
みかこ
志津子


席題「ねじ」 <牧浦 完次 選>
秀 句 胸のねじ酒でゆるめて汗で締め 篤信
人の一日は、昼の緊張から夜の休息への繰り返しである。汗をして稼いだ後は、酒でその日の疲れを癒す。まさにねじを締めて、そしてゆるめるのである。

互選トップ
目一杯ねじを巻かれて家を出る 正己
同数
縄のれんねじのゆるんだ顔並ぶ 完次<軸吟>
上位
どなたかのねじが一本落ちている
おもろないあんたのねじは締まりすぎ
ねじ一本外した日からバラ色や
逆ねじのままで生きてる頑固者
プラスかなマイナスかなぁ君のねじ
身丈に合せてねじの溝を彫る


完次
ゆみこ
ゆみこ
寿
直美
正己


上記以外の入選句から…

宿題
別腹であれもこれもと旅グルメ
時刻表開いて終るひとり旅
どのような秘密を抱いて黄泉の旅
旅の宿浴衣の妻を口説いてる
いいものはいいと思えるひとり旅
三田から快速になり旅終る
平凡な暮らしへ旅のアクセント
かきすぎた恥添書きの旅日記
おばちゃんのツァー一泊五食付き

圭子
もとこ
篤信
のぶお
くまひこ
甚六
雀舎<軸吟>
寿
直美


席題
ネジゆるみ介護の現場困り果て
はち巻きを締めて心のねじ緩む
あら不思議このねじ一体どこのねじ
ねじ巻かれ金策に出る支払日
錆びついたねじが反旗をひるがえす
手作りのねじ職人は妥協せず
ねじひとつ無くしたような二日酔い

志津子
弘幸
もとこ
昭二
雀舎
雀舎
直美

前出以外の噺家の句。○無しは没句。

カタログを眺めて今宵も旅に出る
旅の果て煙たがられるこの黄砂

歌之助


今回、私は仕事にかまけて投句出来ませんでした。いえ、嘘です。
ずぼらをしてしまいました。会員の皆さん、すいません。


興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。