5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百十三回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール



宿題「椅子」 <竹森 雀舎 選>
秀 句
別れたり愛のささやき聞くベンチ フミ
選者評
椅子ひとつにも様々な人生を見ることが出来ます。特に公園のベンチでは、いろんな人達の人生が見られることでしょう。

互選トップ
椅子取りは子供の頃も下手でした 昭二
上位
補助椅子で正規料金取るなんて
椅子の横わざわざしゃがむ若者よ
初恋の好きな子の椅子そっと触れ
劇場の椅子がよすぎて舟をこぐ
子の椅子に嬉しく座る参観日
定年の別れに名残惜しい椅子
丸椅子が尻に貼り付く縄のれん
紳士面屋台の椅子で裏返す
空いた椅子訳があれこれ気にかかり

智亜紀
みかこ
ゆみこ
圭子
昭二
篤信
篤信
完次
圭子


席題「踊る」 <牧浦 完次 選>
秀 句 踊り場で台風の目が笑ってる あきら
衆目を避けて人目につかぬ場所でにやりとしている、策士の顔が浮かんできます。

互選トップ
踊りつつ逃げるルートを探してる あきら
上位
見てると優雅踊ると筋肉痛
親指がケイタイの上踊ってる
ジュリアナで踊り介護でまた踊る
夏祭り町も一緒に踊りだす
家計簿の中で赤字が踊ってる

みかこ
まさし
米輔

完次<軸吟>

上記以外の入選句から…

宿題
苦労して掴んだ椅子に部下はなし
首相席針のむしろが敷かれてる
華やかに踊る会議で眠る椅子
椅子蹴って外に飛び出す勇気なし
年金が消えて老後の椅子がない
日替わりの主待つ大臣の椅子
お受験の椅子取りゲーム親の見栄
脳みそを天日に干して夏の椅子
パイプ椅子並べる人となおす人
ヒラの椅子座り慣れたか肌に沿う
窓際でもう波風は立てぬ椅子

のぶお
恵美子
まさし
甚六


彌三
正己
もとこ
弘幸
雀舎<軸吟>

席題
アルプスで踊る太もも見ないふり
それぞれのステップで行くゆるい坂
ダルビッシュピンクの文字が踊ってる
手のひらに乗せられ後で吹き消され
ホコテンで踊り納めて夏終る
飲むほどに私の口は阿波踊り
日本列島金の魔力で踊ってる
焦点をぼかすと嘘が踊りだす
飲むほどに自動制御が踊りだす
月が出た里へ帰って踊りましょ
ぼうふらのダンス猛暑を待ちこがれ
難しい事言われてもアロハオエ

のぶお
くまひこ
圭子
寿

まさし
正己
雀舎
彌三
スペンス
直美
あきら

前出以外の噺家の句。○無しは没句。

宿題




椅子取りにうつつ我家の椅子がない
成金も椅子もふんぞりかえる趣味
暖める間のない椅子が招き猫

米輔



席題


踊り子が揃い音頭に帯びる熱
ラインダンス流した汗も第一歩

米輔


今回の噺家の出句は私だけですか。
もう少し皆さん、がんばってもらわんと、
えっ、あんたにそんな事が言えるのかて、ごもっともです。

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。