5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百二十八回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「抵抗」 <竹森 雀舎 選>
秀 句
笑顔だが目がしっかりと拒んでる
選者評
いろいろな抵抗の句を拝見しましたが、一読明解、誰にでもすぐ分かる句として秀句に頂きました。特に「目がしっかりと拒んでる」という表現にすべてが言いつくされていると思いました。

互選トップ
笑顔だが目がしっかりと拒んでる
上位
三ツ星に群がっている味音痴
バーゲンで押されて少し押し返す
顔よりも服を褒めあうブスとブス
物心つくと嫌がる親の趣味
ほのぼのと母に抵抗老いた父

直美
爪弾
哲ちり
圭子
彌三

今月は忘年句会の為、席題はお休みで、代わりに酒席の趣向として恒例の割り句

<牧浦 完次 選>
<第1回戦> 上五、中七は題、下五でまとめました。
酒の席となりの人は宇宙人 哲ちり
ほりごたつ鉄管ビール御推薦 治美
だんだんと女に弱い酔う程に 米輔
軸吟
バカのカベネクタイしめて賢そう 完次
入選句
ごみ出しでメタミドホスがさようなら
行こうかなしどろもどろのあの世へと
男前恋は思案の外にある
こんなものやせの大喰いもの足らず
秋ふかし片目つぶってしのぶ仲
ドリンクは酔っていたので何だっけ
べろべろに胸やけしそう高い酒
ハプニングきっと最後のチャンスです
何するの美人の酌で夜明け前
すこしだけ馬鹿な事だとかしこの子

彌三
まさし
美恵
圭子
もとこ

寿
昭二
弘幸
あきら

<第2回戦> 上五、下五が題、中七でまとめました。
パラパラと過去の男はまたにする 直美
なんでやねあほらしなって放屁する 美恵
ため息の似合う歳ですこれからは 弘幸
軸吟
紅葉狩り自転車連ねエコロジー 完次
入選句
秋晴れにサンマと嘘をけむにまく
はしござけとしまくどいて隠れます
桁違い隣の妻は美しい
雷さん日傘小脇にあほかいな
どうするの口に赤札よろこんで
あれこれといつのまにやら風の音
まちぼうけ洗い忘れの炊飯器
さればとて青いテントはサバイバル

のぶお
海太
哲ちり
寿
正己
まさし
もとこ
あきら




「お開き前で、皆のテンションがかなり上がっております」
写真をクリックすると大きい画像を見る事ができます

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。