5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百三十回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「魔法」 <竹森 雀舎 選>
秀 句
湯たんぽの魔法が解けて朝が来る 甚六
選者評
一見平凡な句のように見えますが、「魔法が解けて朝が来る」ということばに惹かれたのかも知れません。秀句としていただきました。

互選トップ
お店ではお得に見えた福袋 もとこ
上位
魔法でも直せませんよそのいらち
魔女としか言えない妻に操られ
一時間魔法をかけて化粧顔
朝帰りここで魔法が使えたら
母の手が痛い痛いを連れて行く
姑の前にりんごをそっと置く
湯たんぽの魔法が解けて朝が来る
滑舌が悪く呪文を噛んだ魔女

いぷっく
米二
圭子
直美
直美
直美
甚六
米二

席題「隙」
<牧浦 完次 選>
秀 句
ちょっとした隙間見つけてすわる鬼 くまひこ
選者評
鬼にも恐いのや悪知恵の働くのや、ずるいのから愛嬌のある鬼、可愛い鬼もいる。この川柳の鬼も可愛い部類に入るでしょう。大目に見てやりましょう。

互選トップ
気づいてよわざと作った隙なのに 圭子
同数
あの隙によく納まったあのおいど 昭二
上位
隙の無い部屋なら死ねたガス自殺
都会では月も花火も隙間から
隙間風愛もお金も連れて行く
一瞬の隙に蹴り込む名選手
安普請空気清いと自慢する
隙間から覗くとおもしろい夫婦

寿
直美
米二
寿
昭二
完次(軸吟)

上記以外の入選句から
宿題
戻りたい魔法を信じたあの頃に
時が過ぎ魔法解けても愛してる
母の手の号令を待つ野菜たち
いい日です鏡に向かい呪文かけ
虫眼鏡見ても増えない手取り額
魔法でもどうにもならぬ片思い
いつまでも魔法かけたい人がいる
もう魔法効いたかいびきかいている
アラジンのランプが欲しくなる世相

圭子
弘幸
くまひこ

哲ちり
彌三
まさし
完次
雀舎(軸吟)

席題
あの人の心の隙間見てみたい
隙見せて勝つ人こそが強い人
隙見せりゃ食い付き倒す電話詐欺
隙の無い男に贈る四面楚歌
無い筈の隙を責めます女房どの
美味しさを噛みわけてきた歯の隙間
あと少しここにあるのは見えるのに
口開けて社会の窓も開けている

彌三
いっぷく
寿
雀舎
昭二
まさし
もとこ
爪弾


前出以外の噺家の句。○は入選句。○無しはボツ句。
宿題
箒より掃除機使いたがる魔女

米二

席題






タンス裏ゴキブリ蜘蛛の御堂筋
悪知恵が巧みに突いて振り込ませ
串かつ屋隠した串も数えてる
もてもての彼女僕には隙見せる
バイキング残ったトロは一つだけ

米輔


米二



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。