5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百三十三回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「描く」 <竹森 雀舎 選>
秀 句
白シャツにちょっとワニでも描いてみる あきら
選者評
意表をついた句ですが、切り口の大胆さが面白いと思いました。タッチの軽い句です。

互選トップ
絵に描いた餅はとっくに期限切れ 甚六
上位
アイライン描く気合に近寄らず
校庭にいびつな土俵足で描く
似顔絵の母が住んでるおもちゃ箱

もとこ
弘幸


席題 「派手」
<牧浦 完次 選>
秀 句
七色のアートな爪に火を灯す あきら
選者評
ネイルアートの盛んな時代を風刺して、派手に着色した爪に火を灯すとは、川柳の穿ちの真髄と言えましょう。

互選トップ
頼むから普通の来てと参観日 もとこ
上位
私も昼間はジミにしとります
百歳の通夜は陽気で派手がいい
派手な妻地味な夫で収支たつ

まさし
雀舎


上記以外の入選句から
宿題
描いていた未来とすこしズレている
のっぺらぼう黒子をひとつ描いてみる
自画像に描かれていない今日の足
目を描けばこけし微笑掛けてくれ
キャンバスを自由に描く猫の足
クレヨンで空いっぱいの夢を描く
落書きは五千年後の宝物
四コマに喜怒哀楽を描き分ける
束の間のバラ色の夢宝くじ
キャンバスに描き切れないロスタイム
どんな夢描いているのか子の寝顔

のぶお
直美
銀次
完次
みかこ
くまひこ
まさし
正己
爪弾
海太
雀舎(軸吟)

席題
なく声はあんがい地味ね派手な鳥
母を見て育ち地味とは縁遠く
派手な人下着そうではないらしい
熱帯魚一皮むけば白い肌
宣伝が派手内容はきっとだめ
花咲いた爪で目刺しを返してる
シャネルから時化た車が見送られ
赤カブト殺されるため生きるため
ウエアーを派手に装いミスショット
派手な口きいてる割にけちくさい

志津子
直美
彌三
まさし

爪弾
爪弾
銀次
昭二
完次(軸吟)

前出以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しはボツ句
宿題




絵画展分からんながら値踏みする
描いていた未来予想図贋作や
キャンバスの川面を飾る花吹雪

市楼



席題







派手すぎる姿に毒がにじみ出る
原色の服で着飾る春の木々
見た目よりおしとやかよと厚化粧
無い中身派手ファションで隠します
荒事ににらんで見せて江戸の花
人気取り派手にばらまく付けは税

市楼


米輔




興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。