5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百三十八回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題 「頼る」
<竹森 雀舎 選>
秀 句
頼ったり支えたりして共白髪 篤信
選者評
頼ったり支えたりしてお互いに老いて来た。ほのぼのとした味が出ている平凡な五七五ですが、佳句としていただきました。
互選トップ
山の中ナビが突然黙り込む あきら
上位
懐かしい匂い頼りに創る味
頼りない人だが真面目背が高い
鼻だけで賞味期限は乗り切れる

弘幸
寿
直美

席題「箸」
<牧浦 完次 選>
秀 句
箸箱に馬耳東風を入れている まさし
選者評
食卓で夫婦が向き合える日曜日の朝、奥さんはここぞとばかり、近所の噂や愚痴を、機関銃の如くまくし立てる。ご主人は馬耳東風と聞き流して、箸箱に箸を仕舞って朝の行事は終了となる。
互選トップ
夫婦箸どちらが先に折れるやら 正己
上位
不思議だが使いたくない妻の箸
まずいとは言えずゆっくり箸を置く
箸よりも軽い妻なら持ちましょう
マイ箸をあちこち忘れどこがエコ
こんにゃくはやはり突き刺すべきだった

昭二
くまひこ
あきら
爪弾
あきら

上記以外の入選句から。
宿題
お互いに頼り頼られそれでよし
嘘でいい頼りになると褒めておく
とりあえず民主に頼る子沢山
頼りないオーラをだして役逃れ
猫の手の次に亭主の手を借りる
お隣の壁にもたれて建つ我が家
コンビニが頼りひとりのめしを食う
手仕事は微妙な勘が物を言う
頼るふりしてはせしめるのがうまい

恵美子
圭子
みかこ
南海
直美
あきら
雀舎(軸吟)
爪弾
完次

席題
親日家ぼくよりうまい箸さばき
使い込んだ菜箸味がよくしみて
こっそりとつつき合ってる鍋の中
笑いたいだから箸でも転がそう
ちぐはぐな箸にも慣れる独り者
女系家族父は静かに箸を置く

昭二
智亜紀
くまひこ
まさし
直美
完次(軸吟)

前出以外の芸人の句 ○は入選句 ○無しはボツ句
宿題

老僧の衣の下の正座椅子
年金は僕の分だけでも頼む
南海

席題




割り箸の良さ見直して森保全
夫婦箸いつも俺のはキズだらけ
握り箸アクロバットの様に食べ

米輔




興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。