5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四十回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


今年も道頓堀の治兵衛で恒例の忘年句会、忘年の前にまず句会
宿題「口」
〈竹森 雀舎 選〉
秀 句
返杯の口紅そっと拭く女将 寿
選者評
杯の口紅をそっと拭く女将の情景がうつし出されていて、懐かしく思いました。いかにも川柳らしい句だなと思い、秀句にいただきました。
互選トップ
妻の口何をはってもすぐとれる 海太
上位
優しさも意地悪も出る紅い口
ジョーカーを掴んでからの重い口
耳一つ口三つある妻の里
口止めをされた三日目痒い口
何かある亭主寝言で詫びている
口下手を言い訳にする独り者

くまひこ
雀舎(軸吟)

正己
直美
圭子

宿題入選句から。
宿題
口車乗ったふりして舌を出す
こいのぼり口から尻へ受け流す
天高くけんか始める口と腹
口だけはつい甘い事言っている
うっかりと口にしてから妻無言
誉めている口とは合わぬ目の動き
紅さして母が女に変わる時
開いたら鬼も蛇も出るおちょぼ口
口もとの笑みが確かに恐ろしい

みかこ
あきら
篤信
昭二
完次
甚六
正己
まさし
彌三

席題はお休み。後半は酒宴の座興に恒例の割り句

第一回戦
上五、中七はお題〈牧浦完次 選〉
秀 句
光ってるおぼろ月夜の五円玉 のぶお
入選句
この野郎言い訳してる笑い顔
廃車するトランポリンでゴーンの屁
グリコ犯ところどころに居るカツラ
くもの糸どうすりゃいいの極楽を
飛行船美味しいものはあなただけ
大東亜マドロスさんよ海の華
祝い酒セレブな人はエブリデイ
はんなりと二日酔いでも出る座敷
へんなかお穴があったら埋めとこう

正己
彌三
雀舎
志津子

弘幸
米輔
あきら
軸吟

民主党インフルエンザまで仕分け

完次

第二回戦
上五、下五がお題〈竹森雀舎 選〉
秀 句
怒られてしっかり食べる玉子焼
入選句
ありがたい妻に感謝で酒びたり
ラバウルで親子そろって残りもん
どうするかどうもしませんサツマイモ
やめとくわでも好きな人いけずやね
エビやらい尻をからげて煙草のむ
口髭も下品に見える河内弁
サシスセソしどろもどろで神の前
天然の嘘つきの口一文字

くまひこ
銀次
哲ちり
爪弾
完次
米輔
のぶお
軸吟

まあ大変君の笑顔に鼻血出た

雀舎

酒の酔いもあり、苦し紛れのナンセンスですな。

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。