5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四十二回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「開く」
〈竹森 雀舎 選〉
秀 句
流し目がとんぼの目玉開かせる 海太
選者評
「とんぼの目玉」という発想がなんとも奇妙な印象を受けました。十七音字の短詩文芸で省略や共感をよぶ句も多々あるわけですが、中には発想の変わった句にも惹かれるものがあります。
互選トップ
孫にだけ心を開く頑固者 昭二
同数
開運の福をもらわず風邪もらう 甚六
同数
凶を引く運は自分でこじ開ける 正己
上位
のどちんこ世間眺めろ大あくび
妻の口食べてる時も喧しい
思い出す嫌なページにホッチキス
ここという時には開く母の傘
あやしたらにっこり開く赤子の手
オレオレに口座を開く母ごころ
流し目がとんぼの目玉開かせる


直美
正己
雀舎
寿
哲ちり
海太

席題「夢」
〈牧浦 完次 選〉
秀 句
財布には小銭と夢が詰まってる 彌三
選者評
なんとも寂しい財布の中身だが、それだけ夢は無限大に拡がる可能性がある。大いに期待しましょう。
互選トップ
執刀医目が何となく夢見がち あきら
同数
俺の夢食って太った妻がいる 海太
上位
夢のある話が続く寅の春
ささやかな夢は夫婦の旅鞄
胸騒ぎ寝言であれを言うたかな
仕事中妙にリアルな夢を見る
内緒ごと夢の中でも喋りたい
覚めぬまに換金したい宝籤
起きている間の夢は根が深い
初夢の富士で遭難ちょいちびり
初夢は鮪で鯨釣っていた
夢だったことにするには惜しい夢

雀舎
雀舎
米輔
くまひこ
直美
寿
くまひこ
爪弾
寿
完次(軸吟)

前出以外の入選句から
宿題
今年こそ蕾のままで終らない
合鍵をポストにおとし歩きだす
開運と柏手なんぼ打ったやら
開かれた政治閉ざした大金庫
叩いても開かぬ扉片思い
眼福に寿命も延びる御開帳
見開きに満面の笑み散りばめる
重い口開き正論押し通す

直美
くまひこ
篤信
彌三
なお
爪弾
智亜紀
雀舎(軸吟)

席題
安売りの総理のイスは今が買い
夢ばかり追って現実逃避行
おあずけのデート今夜も夢の中
ほっぺたを捻れば消えて欲しい妻
夢語り後の始末に追われてる
貪欲に夢を欲しがる孤独人
こねあげた夢の団子を妻が食う

哲ちり
正己
なお
直美
弘幸
みかこ
海太

上記以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しはボツ句



趣味貯金夢がないとは持たぬ者
夢見せてファンを裏切り落ちた星

米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。