5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四十四回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「肩」
〈竹森 雀舎 選〉
秀 句
肩寄せる鴨川ぞいのシルエット 寿
選者評
相愛の二人が肩寄せあっている光景が絵の様に浮かんでいます。情景のよく分かる一句だと思い、秀句にいただきました。
互選トップ
肩車した子に押され車椅子 甚六
同数
肩の荷を下ろせば妻がまた乗せる
直美
上位
喜んで嫁の肩書き譲ります
紳士だが肩にオウムが止まってる
肩書きを自分のものと勘違い
肩幅の小さくなった親父見る
帰り道左の肩に香るひと
肩揉めば我が家の虎は猫になる
肩の荷を降ろしたんだなあの笑顔
世の中の見方が変わる肩車
肩巾の合ったおかめと踊る春

みかこ
あきら
甚六
いっぷく
くまひこ
弘幸


正己

席題「苦手」
〈牧浦 完次 選〉
秀 句
今日の苦手明日は得意になってやる
選者評
スポーツに限らず、苦手だと敬遠していては、何時まで経っても進歩がない。積極的に対応して克服し、得意にしてこそ進歩があり喜びも大きい。
互選トップ
写真手に苦手な叔母がやって来る 完次(軸吟)
上位
好きな物先に食う人残す人
計算は手足の指をみな使い
姑の足音がする汗がでる
苦手だと言いつつ銚子並べてる
うわばみがあんこ苦手と気取ってる

米輔
くまひこ
くまひこ
昭二
みかこ

前出以外の入選句から
宿題
きっかけは肩のあたりのごみを取り
肩の荷を息子に渡し楽隠居
肩書きで表と裏を使い分け
俺の肩酒少々で錆落とし
肩のこり心のこりもほぐす酒
抱き寄せた撫で肩すべる緋の襦袢
野仏の肩から春が訪れる
親の夢肩に食い込むランドセル
肩越しにトラの活字を覗き込む
あと僅か会社帰りの重い肩

くまひこ
昭二
なお
まさし
彌三
海太
雀舎(軸吟)
篤信
完次
哲ちり

席題
子の見合い苦手の世辞で舌をかみ
ボーナスを苦手な妻と仕分けする
あいつにはいつも良いとこさらわれる
苦手ってあなたのほどの尺度でしょ
職場から苦手ばかりを持ち帰る
苦手です英語数学理科社会
何もせん言うがやっぱり蛾はこわい
合コンで苦手なタイプ寄ってくる

篤信
彌三
昭二
銀次

正己
あきら
爪弾

上記以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しはボツ句



相性の悪い相手に育てられ
金出世無縁に見せてある野心

米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。