5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四十五回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題「失う」
〈竹森 雀舎 選〉
秀 句
三叉路の先で女を見失う 完次
選者評
「失う」の課題に対し、頂いた句の多くが理解し難いものだった。秀句に頂いた句は、さすがによく分かって真似の出来ない句だと思われた。
互選トップ
見つかったときには既に要らんもの あきら
同数
ふと見たらポッケの穴が笑ってる
みかこ
上位
おばちゃんにあってたまるか羞恥心
失った時間を探す交差点
今どこに朝の静けさ夜の闇
うとうとで眉を失う散髪屋
失って気づく元気のありがたさ
失った笑顔を戻す日記帳
ふりかえり失くしたものを思いだす
人間は失ってからおもいしる
淡々と失うだけの我が歩み
さりげなく消しゴム角が新しい
鳩と亀ロストボールの乱れ打ち

直美
雀舎
哲ちり
直美

寿
くまひこ
いっぷく
まさし
弘幸
正己

席題「骨」
〈牧浦 完次 選〉
秀 句
肉付けて復元したら実は猿 あきら
選者評
「骨」という題で「復顔術」を持ってきた着想には、驚くと共に感心させられました。思い切った飛躍が、すばらしい川柳を生みました。
互選トップ
骨の無い男に尽くす好い女 昭二
上位
肉付けて復元したら実は猿
折れてると診断されて痛くなる
ギーギーとヒザが泣いてる登り降り
ご安心あんたの骨は拾たげる
魚には骨が有るとは知らぬ子等
骨太なだけで荷物を持たされる

あきら
あきら
なお
完次
彌三
直美

前出以外の入選句から
宿題
おじいちゃん掛けてる眼鏡また探す
失った信頼兎も角飯を食う
正論を吐けば妻子が家を出る
失せ物を探しあぐねて今日も暮れ
失速をしてからゆとり出て来そう

昭二
彌三
海太
甚六
雀舎(軸吟)

席題
骨のある啖呵女に浴びせられ
骨の無い鯖定食が売り切れる
骨太の話題段々しぼんでく
土性骨見せてやろうか俺は蛸
骨惜しみするのに職場うけが良い
ケータイで親指だけはたくましく
秘密基地骨も一緒に埋めてやる

完次(軸吟)
のぶお
彌三
正己
寿
直美
雀舎

今回は私を含めて噺家の投句がありませんでした。 会員の皆さん、どうもすいませんでした。


興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。