5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百四十七回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール

宿題>>>
「おまけ」
〈竹森 雀舎 選〉
秀 句
残業の褒美か空に澄んだ月
選者評
大変きれいな句に仕上がっています。空に澄んだ月がご褒美、というおまけです。目つけと言い格調と言い申し分ありません。
互選トップ
今買えば同じタンスがもう一つ 圭子
上位
しらす干し中にタコかに隠れんぼ
まけときまへぇおおきにといつもの値
国会でおまけのくせに威張る亀
合コンでおまけの人が本命に
ご飯より主役になった卵かけ
河豚喰った舌先一寸痺れてる
フェラーリを買ったらくれるおこめ券
アンコールしつこくおまけねだられる
顔なじみちょっとおまけの量り売り
もう飽きた買うねやなかった創刊号

弘幸
寿

海太
まさし
正己
あきら
完次
直美
市楼

席題>>>
「昔」
〈牧浦 完次 選〉
秀 句
女房が過去の値札をぶら下げる 直美
選者評
恋のバブルの頂点で愛し合うて一緒になった二人、結婚して二年も経つと、バブルも弾けて夫婦の間に隙間風が吹き始める。それでも奥さんは「世界中で女はお前一人だ」といったやないのと居直っている。
互選トップ
ばあちゃんの昔話はエンドレス 圭子
上位
今時が次の昔を語りつぐ
そういえばアンモナイトも飼うていた
しょぼくれて酔って言いますこれでもな
青い春むかしむかしの事じゃった
表札は昔のままの三回忌
八頭身昔むかしの妻の事
杵柄も今サビついて粗大ゴミ
万博の話をふられ年齢ばれる
じいちゃんの昔はそんなすごいのか

まさし
あきら
爪弾
正己
雀舎
寿
米輔
あきら
弘幸

前出以外の入選句から
宿題
中身よりおまけ欲しさに買うグリコ
限定のおまけにつられ無駄遣い
最近は豪華おまけで本を売る
ハイおまけだから商店街が好き
街宣車看板娘付けてくる
よかったら母もおまけにつけますが
これからはおまけのように生きてやる
長生きのおまけひ孫が這って来る
後期ですおまけと思い生きてます
百才を二つ三つを越えただけ


圭子
なお
南海
銀次
くまひこ
雀舎(軸吟)
篤信
昭二
正己

席題
あのママはあんな名前もありました
昔からべっぴんですよ今もまだ
好々爺昔隠してえびす顔
ふりむけば数えきれない悔いの種
三十路越えおとぎ話の続き知る
人は皆昔を側に置いている
今風は前にはやったリサイクル

彌三

正己
くまひこ
なお
完次(軸吟)
まさし

前出以外の噺家の句。○は入選句、○無しはボツ句

宿題



主役誰誰が脇役AKB
独身よ結婚したらおまけ付き

市楼


席題






できるなら巻き戻したい幼少に
昔はと語るあんたの過去知らぬ
あの頃に戻ってみたら今がいい
繰り言をつまみにしてる一人酒
前例がないと動かぬ事なかれ

市楼


米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。