5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百五十一回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題の部 <竹森 雀舎 選>
「めそめそ」
めそめそをふりかけにしてかきこんだ まさし
選者評
発想の素晴らしさに驚きました。折れ句のような感じがしないでもないのですが、とにかくこのようなユニークな句が出るのはたのしいことです
互選トップ
めそめそと生きる閻魔に釈迦の声 哲ちり
同数
とりあえず泣いてみてから考える 海太
上位
友達でいましょう一人影法師
めそめそとするなご飯がまずくなる
めそめそが女の武器と思い知る
一人だとめそめそしてもつまらない
護身術何もないけどすぐ泣ける
角が折れべそかいている弱い鬼
泣き顔で鏡覗いてまた涙
反応をうかがいながら泣く素振り
いつまでも過去を引きずるそのパワー
秋空の機嫌なかなか直らない

爪弾
雀舎(軸吟)

直美
海太
完次
弘幸
なお
あきら
あきら

席題の部
<牧浦 完次 選>
「黄」
日本人自分の色を誤解する くまひこ
選者評
昔の日本人は、黄色人種という劣等感を持っていた時代があった。戦後驚異的復興を遂げ、ノーベル賞学者を輩出した今は違う。遺伝子に自信を持っている。
互選トップ
みかん山器量良しから売れてゆく 完次
上位
騒がしい女黄色がよく似合う
本番に弱い猛虎を飼ってます
アルバムのまん中辺にある黄色
つい無理を黄色い声に乗せられて
紅葉に黄色で飾る自己主張

完次(軸吟)
海太
雀舎
正己
米輔

上記以外の入選句から。
宿題
痛恨のエラー慰め尚つらい
威張ってる上司酒場でめそめそと
めそめそとするのはいつも男です
めそめそと神が降らせるこぬか雨
めそめそと泣いた昔が懐かしい
リストラの夫めそめそ嫁勝ち気
弱音など吐かない僕も男やし

爪弾
哲ちり
なお
くまひこ
彌三
寿
正己

席題
つき餅に黄な粉羽織らせ月とする
新井君ここ一番で吠えてくれ
いつの日か主役夢見る女郎花
祭壇は黄白だけの菊でよし
ひまわりの様な家庭のぬくもりを

まさし
海太
雀舎
寿
彌三

前出以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しはボツ句
席題



黄金で貧苦見返す創業者
風邪ひきに黄砂花粉に泣きっ面

米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。