5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百五十七回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール
宿題の部
「追加」
<竹森 雀舎 選>
秀 句
追伸につのる想いをしのばせる 米二
選者評
「追加」というお題でしたが、何ともロマンのある句だなと感心しました。一読明快な佳句だと思います。良い句をありがとうございました
互選トップ
参観日ママがひと塗り厚くする 直美
同数
追加した分だけ余るパイプ椅子 くまひこ
同数
追伸にこってり毒を盛っておく 正己
上位
愚痴減らし追加しましょう褒め言葉
おいしいね云いつつ醤油そっとかけ
おまかせにあれこれ追加言いたがり
喜寿過ぎておまけの年と言い聞かす
オプションで笑顔をひとつ増やせます
調べたら七号炉まで有りました

甚六
寿
まさし
昭二
くまひこ
あきら

席題の部
「別れ」
<牧浦 完次 選>
秀 句
入籍とともに慰謝料積み立てる 直美
選者評
男女の仲・夫婦というもの、結ばれても何時別れが来るとも判らない。案外もろいものである。結婚の形式が成立した途端、「別れ」の段取りをつけるとは、そら恐ろしいブラックユーモアである。
互選トップ
手切れ金貯めてる内に老夫婦 あきら
上位
バツの数競いはじめるクラス会
好きでした別れてもっと好きになる
ロマンです別れの曲で結ばれた
さよならのあとに大きく伸びをする
絶対に私が先に突きつける
ある別れきれいな嘘をつきながら
あしたまた逢いましょうねとあかんべえ

直美
海太
海太
くまひこ
みかこ
雀舎
完次(軸吟)

上記以外の入選句から。
宿題
これからは追加の人生思い切る
追加した料理そのまま皮下脂肪
日本史に分厚いページ追加され
幸せを追加したくて二度の職
ポッキリで帰してくれるはずがない
風評に追い打ちかける人のエゴ
お見合いのスイーツ追加で花が咲く
腹まわり追加の謎がひそんでる
振り向いた主治医薬の追加告げ

甚六
光一郎
篤信
雀舎(軸吟)
爪弾
正己
海太
まさし
米二

席題
花の宴さっと散りたい君となら
帰り道左の肩にのこるひと
始まりは真っ白だった恋心
別居して相手の良さを夢に見る
寄せ書きに嫌なアイツの最後っ屁
恙無く行事終った日の別れ
別れ道どっちも先に鬼が居る
五回目のけんか別れに犬笑う

まさし
くまひこ
みかこ
寿
あきら
雀舎
光一郎
光一郎

前出以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しは没句
席題




ではここで別れ飲み屋に同じ顔
別れをも商売にする裏稼業
さよならの後に背で聞く笑い声

米輔




興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。