5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百五十九回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール


宿題の部
「相談」
<竹森 雀舎 選>
秀 句
打ち明けてほっと心の荷を下ろす 爪弾
選者評
相談の姿がありありと見える一句です。「ほっと心の荷を下ろす」ということばがあたたかく、良い句だと思いました。
互選トップ
母を看る相談堂々巡りする 完次
同数
つぎはぎの堪忍袋を見せられる 直美
上位
紫陽花に相談してた明日の色
窓の下猫の会議が熱を帯び
交渉の余地を残した大特価
懐と相談今日も立ち飲み屋
相談もなしに蛙はとびあがる

正己
あきら
あきら
直美
くまひこ

席題の部
「巡る」
<牧浦 完次 選>
秀 句
黒潮の母によりそう魚の群れ 米輔
選者評
「回遊魚の群れ」で「巡る」という課題をクリアし、豊かな黒潮を母に譬えた手法に感心しました。
互選トップ
旅先でガイドブックに歩かされ 爪弾
上位
おすそ分け今頃どこにうちの皿
夏待てずみたびお遍路行くか菅
色街を冷やかしまわる空っけつ
孫悟空巡る世界は大きな手
縁結び神さん達もサジ投げる
血の巡り悪いですけどイケメンよ
集印帳かなりお金がかかってる

直美
なお
爪弾
まさし
直美
海太
完次(軸吟)

上記以外の入選句から。
宿題
相談の前に答えは決まってる
相談もうかつにのれぬ夫婦仲
儲かるという相談が重くなる
相談をしてもせんでも朝は来る
一戸建て相談したい蝸牛
相談も金がからむとひそひそと
聞き分けのない懐と内輪もめ

智亜紀
寿
雀舎(軸吟)

海太
彌三
弘幸

席題
衣替え巡る思いの品見つけ
父の言葉今は息子に言っている
セシウムが遂に箱根を越えて来た
打ち合わせ通りに出来た巡り合い
酒たばこ断って妄想駆け巡る
吐いた唾巡り巡って身にかかる
生かされていますと思う巡り合い
赤い糸結び直して忌が巡る

彌三

篤信
寿
直美
正己
雀舎
雀舎

前出以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しは没句
宿題




悩むなと言われた事に悩んでる
相談を持ちかけたのは俺ですが
言わずとも悩んでますねそらそやろ

市楼



席題






好機来た体を欲が駆け巡る
遡りやり直しても同じ道
巡回中金を盗られる警備保障
先進国目のはなせない登下校
一巡は小手調べさあ虎出番

市楼


米輔



興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。