5P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)
私、桂米輔がハリボテ看板の会長をしている
第百六十九回 例会
《 句 報 》

発行人 : 桂米輔
(C) Katsura Yonesuke2004
お問い合わせドガチャガメール




宿題の部
「渦」
<竹森 雀舎 選>
秀 句
情念の渦にお七の狂う恋 まさし
選者評
情念の渦に狂うお七の姿がありありと浮かんできます。時代を感じさせる句ですが、それなりに良かったと思っています。
互選トップ
巻き過ぎたゼンマイ私を追い立てる まさし
上位
渦巻いた疑惑の糸がほどけない 智亜紀
私にもかつてつむじがありました 爪弾
浴槽の渦を見届け家事終える もとこ
洗濯機の渦にへそくり吸い込まれ 完次
席題の部
「邪魔」
<牧浦 完次 選>
秀 句
かぐや姫雲が邪魔して帰れない 雀舎
選者評
羽衣伝説を連想させる面白い着想だと想いました。かぐや姫の為にも、まん丸い月が昇ることを祈りましょう。
互選トップ
やっとこさ会うに妹つれて来る
昭二
同数
邪魔だから何処かへ行ってと日曜日
正己
同数
道塞ぐおばはん共に睨まれ
爪弾
上位
三分の理仏心が邪魔をする
お邪魔かな貧乏神も謙虚です
携帯が佳境の話腰を折り
邪魔になる大きな口を持つ女
熱演に水差す電話鳴り止まず

正己
まさし
寿
完次(軸吟)
爪弾
上記以外の入選句から。
宿題
渦潮にもまれた鯛は高値つけ
追悼の風に桜が渦と成す
竜巻のような女にはじかれる
かき混ぜてひとつの渦に溶ける幸
花びらと宴の響き渦を巻く
熟練の話芸笑いの渦起こす
春叫ぶ鳴門の渦をひとのみに
右左どう巻き込むか思案中

寿
弘幸
昭二
雀舎(軸吟)
のぶお

くまひこ
みかこ

席題
迷惑な駐車は人が停めたとき
金運がなぜか私を邪魔にする
邪魔になるもんやないでと持たされる
新聞をひろげると猫大の字に

昭二
彌三
雀舎
くまひこ

前出以外の噺家の句 ○は入選句 ○無しは没句
席題




口に飴入れた電話に出た上司
のんびりが押され突かれてラッシュ時
元総理目立ちたがりでやめません
米輔

興味のある方、参加してみようと思う方は連絡下さい。
いつでもお待ちしています。
連絡先dogachaga@yonesuke.comまで。