2P 10版              創刊日 2004年(平成16年)5月1日(米輔日)



◇ 米津景太さんの表紙絵 ◇
かねて病気療養中のどぜう会員の米津景太さんが七月末に、お亡くなりになりました。景太さんは「二匹目のどぜう」の前身「川柳どぜうの会」からの仲間で、最後にお会いしたのは、昨年の忘年句会に久し振りに出席をいただいた時の事でした。「病に倒れて一番辛いのは、医者から酒を止められてる事ですわ」と言いながら、みんなのお酒をながめながらウーロン茶を飲んでおられました。やがてみんなと一緒に気分だけでも味わいたいとノンアルコールのビールをたのまれました。しかし、ノンアルコールとは言うものの、微量のアルコールに「ながい事酒やめてたら、こんの物でも酔いますな」と言うて、赤い顔になられました。その後、出席はありませんでしたが、投句は六月までいただいておりました。また本職の著名な精密画家で、大阪の海遊館でも、この方の作品を採用しております。「二匹目のどぜう」も無理を言って数々の精密画で、句集の表紙を飾っていただきました。改めて、景太さんを忍んで、ここに二十一点の作品を御紹介します。
画像をクリックすると大きな画像をみることができます
第6回
第7.8回
<年末合併号>
第9回
<新年1月号>
第10回
<H11/2月号>
第11回
<H11/3.4月号>
第12回
<H11/5月号>
第13回
<H11/6月号>
第14回
<H11/7月号>
第15回
<H11/8月号>
第16.17回
<H11/9月号>
第18.19回
<H11/10.11月号>
第20.21回
<H12/1月号>
第54回
<H14/10月号>
第55回
<H14/11月号>
第56回
<H14/12月号>
第57回
<H15/1月号>
第58回
<H15/2月号>
第59回
<H15/3月号>
第60回
<H15/4月号>
第61回
<H15/5月号>
第62回
<H15/6月号>


   閉じる